岐阜県土岐市にある近藤薬局のブログです。

岐阜県土岐市の近藤薬局です。昔ながらのスタイル(お客さまとのお話を大切にする)を頑固に守っております。
良く聞き、良く見て、良く考える事を心掛け「相談できるくすりやさん、化粧品やさん」を目指しております。

【くすり・健康補助食品】キヨーレオピン(全種類取扱)・あかぶくろ(弘真胃腸薬)・延寿丸・ホノミ漢方・大高酵素・ユーグレナ(ミドリムシ)・塗るグルコサミン(エミュークリーム)・精力剤(オットピン)・マスデント・リココデ

【化粧品】コーセー(プレディア)・ヒノキ肌粧品・ディシラ【フェイシャルエステ】【ジェルネイル】※エステは敏感肌の方にもご利用いただけます。※予約優先

□住所:岐阜県土岐市泉岩畑町4-12 □電話:0572-54-3828
□営業時間 9:00〜20:00 □定休日:日曜日 □駐車場12台 □床暖房
年末感謝祭のお知らせ

 

こんにちは。近藤薬局ブログ担当のタカシです。

 

12月15日(土)〜16日(日)は年末、毎年恒例

 

の感謝祭がございます!!!

 

今年も大人気の抽選会や各種イベントを予定して

おります。会員さまには近々ご案内を送る予定で

す。

 

今年も、近藤薬局をご愛顧いただきありがとうご

ざいました。みなさまに楽しんで頂けるように、

スタッフ一同、張りきっておりますので遊びにき

てくださいね〜

| お客様へお知らせ | 08:57 | comments(2) | - | pookmark |
【肥満のお話】内臓脂肪とは?

 

 

こんにちは。近藤薬局ブログ担当のタカシです。

 

皮下脂肪はもっぱらエネルギーを蓄える貯蔵庫

であるのに対し、内臓脂肪は、生理活性物質を

分泌する能力を持ち、免疫や炎症の発現にも関
与しているといわれています。
内臓脂肪は、解剖学的には「腸間膜脂肪」と言
われます。腸間膜は、腸が腹腔内を動かないよ
うに腸全体を固定している膜のことで、この膜
や消化管に付着しているのが内臓脂肪です。
もっとわかりやすい表現は「定期預金=皮下脂
肪、普通預金=内臓脂肪」といえます。皮下脂
肪は貯まりにくいのですが、減りにくい。内臓
脂肪は貯まりやすく、減りやすいという感じ。
内臓脂肪は肥満の人が体重を5%減らすことに
よって、血圧や血糖、脂質代謝などが改善する
ことも知られています。
| 漢方薬・生薬 | 17:37 | comments(0) | - | pookmark |
【肥満のお話】肥満はなにがいけないのか?

 

こんにちは。近藤薬局ブログ担当のタカシです。

 

肥満は、一つ一つの脂肪細胞が肥大し、細胞の

数も増えて脂肪組織量が増えることをいいます。

肥満のうち、健康障害を引き起こしているもの、

将来合併が予想されるものを「肥満症」といい、

医師の指導による減量療法が必要とされます。

 

肥満に関連する疾患としては、糖尿病、高血圧、

脂質異常症、循環器疾患(虚血性心疾患や動脈

硬化症など)がすぐに思い出されるが、睡眠時

無呼吸症候群などの呼吸器系疾患、変形性膝関

節症や腰痛などの運動器系疾患の引き金となる

ことも多いです。

 

では、なぜ太るのでしょう?

 

地球上に人類が誕生して間もないころ、私たち

の祖先は自然界に存在する植物や動物を食料と

して生活をしていました。次は、いつ、どんな

ものが食べられるかわからない状況。加えて過

酷な自然環境。そんな中でも生き延びていく為

人間のからだは、植物の栄養素をできるだけ蓄

えておくようになりました。すなわち、食べ物

から栄養素を吸収し、エネルギーとして利用す

るだけでなく、いざという時のために、余分な

栄養素も脂肪としてとっておくというシステム

を身につけたと考えられています。

 

このシステムを制御しているのが、倹約遺伝子

と呼ばれるもので、これによって人類は、激し

い気候変動や飢餓状態の中でも生き残ることが

できたとされます。

 

現在の日本では「食べられない」という状態が

続くことはまずありません。しかし、食べられ

ない苦しさを記憶している人間のからだは、現

在でも、万が一に備えて余分なエネルギーの消

費を抑え、脂肪を蓄えるようになっています。

このことが、食べる量を減らしてもなかなかや

せない原因のひとつであり、肥満を増加させる

大きな要因と考えられています。

 

| 漢方薬・生薬 | 14:21 | comments(0) | - | pookmark |
【腸のお話】過敏性腸症候群の漢方

 

こんにちは。近藤薬局ブログ担当のタカシです。

 

漢方では心と体をひとつのものとして不調をとら

え、便通異常の改善とともに、心身の状態を整え

るように治療を行います。

 

治療には、腸の過剰な運動や緊張をやわらげる「

芍薬」を含む薬がよく使われます。代表的なもの

が「桂枝加芍薬湯」です。体力のない虚証の人に

向くお薬で、下痢にも便秘にも使えます。特に下

痢型の腹痛に有効です。抑うつや不安が強い人で

は「半夏厚朴湯」や「香蘇散」を用いることがあ

ります。

| 漢方薬・生薬 | 17:12 | comments(0) | - | pookmark |
【腸のお話】下痢時の漢方薬

 

こんにちは。近藤薬局ブログ担当のタカシです。

 

東洋医学的な考えでは、下痢は胃腸の弱い「虚証

」の人に多くみられ、大抵はお腹が冷えると下痢

をしやすくなります。

そこで、漢方ではお腹を温めて腸の働き整える「

人参湯」や「桂枝人参湯」、真武湯がよく用いら

れます。倦怠感を伴う下痢には「補中益気湯」が

良いこともあります。

 

もう少し体力のある「虚実間症」の人であれば、

お腹がグルグルなるような下痢には「半夏瀉心湯」

口の渇きや尿量減少がある場合には「五苓散」、

発熱やしぶり腹をともなう強い下痢には「黄芩湯」

などが用いられます。

| 漢方薬・生薬 | 19:22 | comments(0) | - | pookmark |
CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>
CATEGORIES
ARCHIVES
モバイル
qrcode
LINKS
PROFILE