岐阜県土岐市にある近藤薬局のブログです。

岐阜県土岐市の近藤薬局です。昔ながらのスタイル(お客さまとのお話を大切にする)を頑固に守っております。
良く聞き、良く見て、良く考える事を心掛け「相談できるくすりやさん、化粧品やさん」を目指しております。

くすり・漢方薬・健康補助食品/キヨーレオピン(全種類取扱)・あかぶくろ(弘真胃腸薬)・延寿丸・ホノミ漢方・瓊玉膏・廣東牛黄清心元・敬震丹・大高酵素・ユーグレナ(ミドリムシ)・エミュークリーム・精力剤(オットピン)・マスデント・コンドロイチンZS・ハイゼリー・ローヤルエナジー

化粧品/プレディア(コーセー)・ヒノキ肌粧品・カバーマーク・アクセーヌ・リサージ(カネボウ)
フェイシャルエステ/エステは敏感肌の方にもご利用いただけます。※予約優先

□住所:岐阜県土岐市泉岩畑町4-12 □電話:0572-54-3828
□営業時間 9:00〜20:00 □定休日:日曜日 □駐車場共用12台 □床暖房
<< 【頭痛のお話】解熱鎮痛薬の副作用 | main | 今年一年、ありがとうございました。 >>
【頭痛のお話】アスピリンについて

 

こんにちは。近藤薬局ぶブログ担当のタカシです。

 

頭痛薬でも有名な成分、アスピリン(アセチルサ

リチル酸)についてお話いたします。

 

名前にピリンとついていますが、正式名をアセチ

ルサリチル酸といい、非ピリン系です。血小板凝

固抑制効果があり、医療現場では、血栓形成の予

防や治療を目的に、低用量のアスピリン製剤が用

いられることが多いです。

 

〜気を付けること〜

 

15歳未満の小児、特にインフルエンザにや水ぼう

そう(水痘)での発熱には使用してはいけません。

インフルエンザ脳症、ライ症候群引き起こす可能

性があります。

 

痛風の痛みには使用しない。

鎮痛効果を期待する量では、尿酸の排泄を促進す

る作用があります。それによって、痛風の痛み発

作時の痛みが痛みが悪化したり長引くことがある

ので、痛風の痛みには使用してはいけません。

 

併用薬の相互作用

抗血液凝固薬、抗血小板薬、血糖降下薬、降圧剤

、プロスタグランジン製剤など特に気を付ける。

 

妊娠

特に妊娠末期の人には使用しないでください。新

生児に消化管出血や動脈管開存症などがみられた

報告があります。

 

| 漢方薬・生薬 | 09:07 | comments(0) | - | pookmark |
コメント
コメントする









CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< March 2019 >>
CATEGORIES
ARCHIVES
モバイル
qrcode
LINKS
PROFILE